取扱商品

デンプンとは

デンプンとは、分子式 (C6H10O5)n の炭水化物(多糖類)で、多数のα-グルコース分子がグリコシド結合によって重合した天然高分子です。 デンプンは高等植物の葉緑体で光合成により生成され、種子・根・地下茎などにデンプン粒子として貯蔵されます。 デンプン粒子は白色の粉末で、冷水には溶けず、比重約1.6であるので水中では撹拌し続けないと沈殿します(水中で沈澱する粉粒体であることが“澱粉”の語源といわれております)。 水中で加熱していくと、デンプンの起源や変性の種類にもよりますが、およそ60℃前後からデンプン粒子が膨潤しはじめ、更に高温になるに従い膨潤した粒子が崩壊、デンプン分子が水中に分散して粘性の高い糊液となります。

デンプンの構造

デンプンの構造はα-D-グルコースが直鎖状に結合(α-1,4結合)したアミロースと分枝(α-1,6結合)をもったアミロペクチンとの混合物であり、 この両成分の含有比率や重合度は植物の種類によって異なります。 分子量は測定方法などにより異なりますが、アミロースで数万~数百万、アミロペクチンでは数千万~5億程度です。 両者差は特に糊液の老化性に現われ、アミロペクチンが安定なのに対し、アミロースは不安定で老化しやすいです。 デンプンは未加工のまま使用されるケースもありますが、多くの場合その用途に応じて種々の変性処理 (低分子化、エステル化、エーテル化など)が施されます。

商品リスト

商品名
タイプ
特徴・用途
SB GUM-Rアセチル化
タピオカデンプン
製紙グレード
/コーティング
用薬品
自家変性用
(低置換度品)
製紙グレード
/層間スプレー
デンプン
層間スプレー用、
層間紙力向上
SB GUM-Aアセチル化
タピオカデンプン
製紙グレード
/コーティング
用薬品
自家変性用
(中置換度品)
SB GUM-EVOアセチル化
タピオカデンプン
製紙グレード
/コーティング
用薬品
自家変性用
(高置換度品)
SB GUM-Dα化
タピオカデンプン
製紙グレード
/内添用薬品
冷水可溶タイプ、
紙力向上
OXCELシリーズ酸化アセチル化
タピオカデンプン
製紙グレード
/コーティング
用薬品
(サイズプレス)
表面強度向上、
バリヤー性向上
製紙グレード
/コーティング
用薬品
(コーティング
バインダー)
印刷適性向上、
バリヤー性向上
POSIT
-200,300,400
カチオン化
タピオカデンプン
製紙グレード
/内添用薬品
紙力・サイズ度・
填料歩留向上
COATMASTER
K48F,K49F
ヒドロキシ
エチル化
コーンスターチ
製紙グレード
/コーティング
用薬品
紙力・サイズ度・
填料歩留向上
COATMASTER
K92F,K96F
ヒドロキシ
エチル化
コーンスターチ
製紙グレード
/コーティング
用薬品
(コーティング
バインダー)
印刷適性向上、
バリヤー性向上
CHARGEMASTER 両性
コーンスターチ
製紙グレード
/内添用薬品
紙力・サイズ度・
填料歩留・
濾水生向上、
チャージ
コントロール
CHARGEMASTER
R462
カチオン化酸化
コーンスターチ
製紙グレード
/コーティング
用薬品
(サイズプレス)
インクジェット
適性向上
マーメイド
M-350
α化馬鈴薯デンプン製紙グレード
/内添用薬品
冷水可溶タイプ、
紙力向上
マーメイド
M-350B
α化馬鈴薯デンプン製紙グレード
/内添用薬品
冷水可溶タイプ、
紙力・サイズ度・
填料歩留向上
マーメイド
M-200,210
酸化
コーンスターチ
製紙グレード
/コーティング
用薬品
(コーティング・
サイズプレス)
表面強度・
バリヤー性向上
・印刷適性向上

用途から探す

一覧を閉じる

素材から探す

増粘多糖類・ゲル化剤など 合成ポリマー 無機系増粘剤 製紙用化学繊維 化合繊紙/不織布 プラスチックネット ガラスフィルム
一覧を閉じる
Copyright © 2014 SANSHO Co., Ltd. All Right Reserved