化学式 製品検索

製品検索search

デンプン

デンプン

デンプンは、植物の葉緑体で光合成により生成される多糖類で、多数のα-グルコース分子がグリコシド結合によって重合した天然高分子です。植物の種子や根、地下茎などに貯蔵されたデンプン粒子は、食品や紙を始め、広く利用されています。

デンプン粒子は白色の粉末で、冷水には溶けず、比重約1.6であるので水中では撹拌し続けないと沈殿します(水中で沈澱する粉粒体であることが“澱粉”の語源といわれております)。 水中で加熱していくと、デンプンの起源や変性の種類にもよりますが、およそ60℃前後からデンプン粒子が膨潤しはじめ、更に高温になるに従い膨潤した粒子が崩壊、デンプン分子が水中に分散して粘性の高い糊液となります。

※デンプン 基礎構造式(画像)