取扱商品

フィブリボンドとは

フィブリボンド(三晶登録商標)は株式会社クラレ製造、三晶総発売元のPVA繊維で、 化合繊紙のバインダーとして優れた紙力増強効果があります。 水中軟化点は60℃、70℃、80℃の3つのタイプがあります。

フィブリボンドの特徴

  • ・水中分散性が良い。
     フィブリボンドは多数の親水基OHを持つので、水中での分散性が良好です。
  • ・歩留りが良い。
     フィブリボンドは常温水中では膨潤するだけでほとんど溶けませんので、歩留りがほぼ100%
     と言えます。
  • ・湿紙の強度を高める。
     フィブリボンドは水中で膨潤すると軽度の接着性が生じるため、抄紙工程中でウェブの強度不足
     により乾燥工程へ移項させ難い場合など、クーチロール、プレスロール等でウェブを圧着すると、
     軽い接着を起こして抄紙を容易にします。
  • ・接着力が大きい。
     フィブリボンドを混抄したウェブを急速に加熱すると、ウェブに含まれている水分の温度上昇
     と共にフィブリボンドが水に溶け始め、バインダーとして作用し強力な紙が得られます。
     この際にタッチロール等の設備による加圧を併用させますと接着効果は更に大きなものになり
     ます。

フィブリボンド仕様

品番
繊度
カット長
水中溶解温度
No.2411.1dtex4mm約60℃
No.2433mm
VPB107-23mm
No.3414mm約70℃
No.3433mm
VPB107-13mm
No.4412.9dtex4mm 約80℃

用途から探す

一覧を閉じる

素材から探す

増粘多糖類・ゲル化剤など 合成ポリマー 無機系増粘剤 製紙用化学繊維 化合繊紙/不織布 プラスチックネット ガラスフィルム
一覧を閉じる
Copyright © 2014 SANSHO Co., Ltd. All Right Reserved