沿革

1955 三晶株式会社を設立し、本社を大阪市東区伏見町におく。Meyhall Chemical AG (スイス、現在 Danisco/DuPont Nutrition & Health に所属)と総代理店契約を締結。 グァーガム及びローカストビーンガムの輸入を開始し、食品、製紙並びに繊維業界へ販売。
1957 倉敷レイヨン株式会社 (現、 株式会社クラレ) のカット・スフ及びバインダーの取扱いを開始しフィブリボンド(バインダー)の商標を登録。
1958 合成繊維紙「パピロン」の販売を開始。
1962 敷島スターチ株式会社の加工デンプンを製紙業界に販売開始。
1963 The Copenhagen Pectin Factory Ltd.(デンマーク、現、 CP Kelco)と総代理店契約を締結するとともに、本社内に研究室を設置。
1964 本社を大阪市東区京橋3丁目68番地に移転。
1965 東京営業所を設置。
1967 Kelco Co.,Ltd. (アメリカ、現、 CP Kelco) のバイオガム製品、アルギン製品の取り扱いを開始。
1971 研究所を大阪府枚方市に移転。
1975 Madico Inc.(アメリカ)の日本総代理店となり、ウィンドウフィルムの販売を開始。
1976 大和紡績株式会社(現、ダイワボウレーヨン株式会社)のカット・スフの販売を開始。
1977 Philip Spanjer & Co.(イギリス)と日本総代理店契約を結び、販売開始。
1981 福井化学工業株式会社 (現、レンゴー株式会社 ) とビスコース加工紙サフロンを共同開発、販売開始。
1983 Zschimmer & Schwarz Gmbh (旧西ドイツ)とセラミック分野の代理店契約締結。
1984 松下電器産業株式会社 の Pana Robo 特約店契約締結。
扶桑化学工業株式会社 のタラガム(スピノガム)の販売開始。
1985 Bangkok Starch Industrial Co., Ltd.(タイ)のタピオカスターチ誘導体の販売開始。
1987 Aqualon Group (アメリカ、Ashland Inc. に所属)のセルロース誘導体の販売開始。
1988 Sinopec (中国)のPVA販売開始。
AET Inc. (アメリカ、現、Delstar Technologies, Inc.) のデルネット販売開始。
Meyhall AG (現在 Solvay Groupに所属) のカチオン化グァーガム製品の販売開始。
1989 Metsa Serla Chemicals Oy (フィンランド、現、CP Kelco)製品の販売開始。
Sequa Chemicals Inc.(アメリカ、現、OMNOVA Solution Inc. )製品の販売開始。
1990 大和紡績株式会社 (現、ダイワボウポリテック株式会社 )の超極細繊維不織布販売開始。
1991 日本ベッツディアボーン株式会社(現、油化産業株式会社)の製紙用ピッチコントロール剤販売開始。
1992 兵庫工場、物流センターを設立。ホットメルトアプリケーターの製造を開始。
粉末セルロースおよび食物繊維の販売開始。
1994 Grain Processing Corporation(アメリカ)のデンプン誘導体の販売開始。
1996 ホームページを開設。
Union Carbide Corporation(アメリカ、現在 The Dow Chemical Companyに所属)のポリエチレンオキサイドの販売開始。
2000 ウルトラシールインターナショナル(イギリス)と日本総代理店契約を結ぶ。
2002 中央研究所設立。
東京支店開設。
2004 本社を大阪市中央区城見2-1-61 ツイン21MIDタワー23階に移転。
2009 シーアイ化成株式会社 の加飾フィルム「ベルビアンクレア」取り扱い開始。
2012 Coatex S.A.S.(フランス、Arkemaグループ) のアクリル系増粘剤、ウレタン系増粘剤、分散剤の取り扱い開始。
2013 日東電工株式会社 の遮熱断熱フィルム「PENJEREX」取り扱い開始。
2014 Du Pont Nutrition Biosciences ApS の乳化剤の取り扱い開始。
Copyright © 2014 SANSHO Co., Ltd. All Right Reserved